ウェールズ・コースト・パス

Link to English textウェールズ・コースト・パス (WCP)

ウェールズ・コースト・パスは、世界で最初の、国土の海岸線すべてを歩いて踏破できる道である。2012年5月に正式に開通したWCPは、チェスター付近からチェプストーまで、アングルシー島の一周を含めて、全長1400キロに及ぶ。権威ある旅行ガイドブック『Lonely Planet』 は、WCPに沿ったウェールズ沿岸地域(Coastal Wales)を、「旅するべき世界の景勝地域ベスト10」(2012年度)の1位に選んだ。

この道(WCP)に沿って設けられたHistoryPointsのバーコードを活用すれば、通過する各地の歴史を学びながら歩ける。バーコードは、丘や町の名前も教えてくれる。むずかしいウェールズ語地名の発音は、画面をクリックして聞いてみるのも一興だろう。

HistoryPointsをたどって、WCPを歩こう

WCPを時計回りで歩いているか、反時計回りで歩いているかを意識しているかぎり、HistoryPointsをたどる旅はとても簡単だ。

時計回り: 
はるばるチェプストーからチェスターへと歩いているなら、あなたはウェールズの海岸線を時計回りしている。北部の海岸線でいうと、おおよそ西から東へ向かっていることを意味する。ただし、たくさんの例外もあるが!

そんな時も、  wcp tour clockwise iconというアイコンが、南ウェールズから北ウェールズへの方向を指示してくれる。

反時計回り: 
チェスターからチェプストーへと歩いているなら、あなたはウェールズの海岸線を反時計回りしている。

この場合も、  wales coast path tour anticlockwise iconというアイコンが、北から南への方向を指示してくれる。

HistoryPoints.org のサイトでウェールズ・コースト・パス(WCP)を検索するには、そのロゴのそばの時計回りまたは反時計回りを示すアイコンを探せばよい。該当するアイコンをクリックすれば、あなたが目指す方向にある次のハイポイント(見どころ)が表示される。

ウェールズ・コースト・パスの公式ウェブサイトには、ダウンロード可能な全ルートの地図がある。下の写真は、WCPに沿ったお薦めハイポイントをいくつか紹介したもの。画像をクリックすれば、そのハイポイントについて学べる。

翻訳: 藤沢邦子

   photo_of_pub sign photo_of_gronant_dunes photo_of_smallest_house photo of South Stack photo_of_nant_gwrtheyrn Photo of Aberystwyth Cliff Railway Wales Millennium Centre photo Photo of Lave Net fishermen